乳児湿疹 ロコイド軟膏

乳児湿疹でお世話になったロコイド軟膏

ロコイド軟膏は、ステロイドの強さランクではミディアムになります。

 

私がこのロコイド軟膏を使用したのは、子供の乳児湿疹の治療の時でした。

 

生後間もなく酷い乳児湿疹になり、顔中ブツブツになってしまった子供が、最初に処方された薬がロコイド軟膏です。

 

ワセリンを混ぜたもので、弱いステロイドだと説明を受けました。

 

最初は、生まれて間もない子供の顔にステロイドを塗るのに相当抵抗がありました。

 

しかし、他に薬は処方されなかったし、乳児湿疹を見るのもつらかったので、ロコイド軟膏をつけることにしました。

 

乳児湿疹の程度が酷かったこと、薬が弱かったことで、湿疹の症状はなかなか良くなりませんでした。

 

「ステロイドは、しっかり塗って症状を抑えたら、後は塗らなくていい。酷いときはちゃんと塗った方が良い」

 

身内がかかりつけ医から言われたそうです。

 

身内もよくステロイドを使用していました。

 

やはりしっかり治してあげたいと、乳児湿疹の症状があるうちはしっかり塗るようにしました。

 

すると少しずつ乳児湿疹の症状が改善され、生後半年できれいな肌に戻りました。

 

とても嬉しかったのを覚えています。

 

このロコイド軟膏は、その後もちょっとした皮膚トラブルで病院に行くと、大抵処方されました。

 

ロコイド軟膏は顔にも使えるので、体に使うときは躊躇なく使用していました。

 

湿疹が治まってから1年くらい経ったころ、子供の口の周りに突然ぶつぶつが出来ました。

 

その時もやはりこのロコイドが処方されましたが、全く効果がありませんでした。

 

おかしいと思っていろいろ調べたところ、長期に渡ってステロイドを使用している副作用に症状が似ていました。

 

そんなに長期に使用していたわけではありませんでしたが、病院を変え、事情を説明しました。

 

すると、副作用かどうかはともかく、ロコイドが原因かもしれませんと言われ、他の薬を出されました。

 

非ステロイド剤でした。

 

その薬で、症状は綺麗に治まりました。

 

そういうこともありましたが、それでもロコイドは比較的気軽に使用できるステロイドだと思います。

 

(千葉県  おそ松さん)