乳児湿疹 ロコイド軟膏

乳児湿疹の治療にロコイド軟膏を使用しました。

娘が生後半年ぐらいの時に、ほっぺたにたくさん赤い湿疹ができてしまいました。

 

湿疹が痒いらしくて手で引っ掻いて血が出たり湿疹がひどくなった時がありました。

 

その時に皮膚科に連れていって診てもらった時に処方されたのがロコイド軟膏でした。

 

もしかしたらアトピー性皮膚炎の軽い状態かもしれないという診断でした。

 

とりあえず赤ちゃんでも使えるというステロイドの中でも一番弱くて安全な軟膏ということでロコイド軟膏が処方されました。

 

ロコイド軟膏はお風呂上がりの清潔な皮膚に、ごく薄くベールのように塗るという指示がありましので、その通りに使いました。

 

ロコイド軟膏自体はチューブに入っているので使いやすく少しだけ指に取って、娘のほっぺたに極々薄く伸ばしました。

 

軟膏なのでちょっとべたつき感がありましたが、1、2時間すると自然に皮膚に吸収されて行くようで、べたつき感は残りませんでした。

 

ロコイド軟膏を塗り始めて翌日には、赤くて痒みがあった湿疹は、驚くぐらい綺麗に消えていました。

 

やはり赤ちゃんの薄い皮膚にステロイドは浸透しやすくすぐに効果が出たのだと思います。

 

さすがにステロイドはアトピーや湿疹に抜群の効果があるのだと思った反面、あまり長期的に多用することは避けたほうが良いのだなとも思いました。

 

ですが、湿疹が良くなったからといって、すぐにロコイド軟膏の使用を中止すると、すぐに翌日には湿疹が戻ってきてしまったので、やはり一旦良くなったとしてもある程度の日数は継続して使っていかないと完治させることができないように感じました。

 

皮膚科医からは、とりあえず1週間使って様子をみて、もし湿疹がなくなってきたら少しずつ塗る回数を減らしたり、量を減らして行ったほうが良いということでした。

 

ロコイド軟膏を1週間ほど毎日使用してからは、あとは1日に2回使用を1回に減らして使用を終了しました。

 

これで湿疹は完治しました。

 

ロコイド軟膏はとても乳児湿疹に即効性があり良い塗り薬だと思います。

 

(神奈川県 かなぴんさん)